JBA

JBA

大会概要

大会名
第4回3×3 U18日本選手権大会 (英語表記:4th 3×3 U18 Japan Championships)
主催
公益財団法人日本バスケットボール協会
主管
公益財団法人日本バスケットボール協会
協賛
株式会社モルテン
富士通株式会社
株式会社朝日新聞社
ゼビオグループ
協力
株式会社BANDEL
西尾レントオール株式会社
日本工学院専門学校
期日
2017年12月15日(金)~17日(日)
開催会場
駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
(住所:〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1−1)
競技種別
U18カテゴリー男女
競技方法
4~6チームによるPool予選を行い、各Pool上3位チームによる決勝トーナメントを行う。3位決定戦は行わない。
表彰
優勝・準優勝を表彰。
最優秀選手賞として男・女各1名を表彰。
優勝賞金30万円/準優勝賞金10万円
3×3日本選手権大会の出場チーム(選手)資格
(1)
各都道府県大会優勝チーム
(2)
各都道府県協会推薦チーム
(3)
前回大会優勝チーム
チーム人員
(1)
1チーム選手4名とスタッフ2名(コーチ、マネージャ等)のエントリーを行うことができる。
(2)
ベンチにコーチを置くことは出来ない。
(3)
男女の混成チームは認められない。
(4)
外国籍選手の登録人数は2名までとする。
出場選手資格
U18:1999年4月2日以降に生まれた者。当該者は保護者の同意書を必要とする。
FIBA3x3Planetに競技者登録が完了していること。
出場チームエントリー期日/エントリー方法
【エントリー期日】 2017年10月31日(火)
【エントリー方法】 エントリーフォームを別途展開予定
組合せ
■予選リーグ
「2015 3x3FIBA 競技規則[3×3 Rules of the Game] 」の第14条に基づき、各チーム3名のFIBA3x3Planet個人ランキングポイント合計を算出し、グループ分けを行う。ただし、チーム間のポイントが同じ場合(ポイントを保有していない場合も含む)は、主催者の責任抽選とする。
■決勝トーナメント
原則、FIBA3x3 PlanetおよびFIBA3x3Event Makerで自動的に作成される組合せで行うものとする。
組合せ発表
【発表日】2017年11月28日(火)
【発表方法】(公財)日本バスケットボール協会 オフィシャルホームページ、プレスリ
      リース(予定)
競技規則
競技規則は「2015 3×3(スリー・バイ・スリー)FIBA競技規則[3×3 Rules of the Game]」に準ずる。また、着用ユニフォームに関してもこれに準じ、詳細はユニフォーム規程を遵守すること。
使用球
3×3リベルトリア5000(モルテン社製)
エントリー変更
(1)
3×3日本選手権大会が定めるエントリー期日までに2名までの選手変更を認める。
但し、変更理由は以下の理由に限り認める。また、エントリー変更選手は当該3×3日本選手権都道府県大会に出場した者に限る。
【選手変更理由】
怪我/不慮の事故/その他、主催者が認めるもの
(2)
エントリー期日以降の選手変更は原則認めない。
ユニフォーム
(1)
各チームは、濃淡の2色のシャツを用意しなければならない。(リーバシブルシャツ可)
(2)
パンツの色は、必ずしもシャツと同じ色でなくてもよい。
(3)
チーム・メンバー全員が同じデザインの色や形のシャツとパンツを着用しなければならない。
(4)
チーム・メンバーは、シャツの前と背中の見えやすい位置に、シャツの色とはっきりと区別できる単色で、かつ文字の幅が2cm以上の番号(『0・00』~『99』)を付けなければならない。
(5)
シャツ/パンツともに製造者マーク(メーカー・ロゴ)を各1か所付けることができる。但し、どちらも大きさは「20cm²」以下とする。
(6)
シャツ/パンツに広告や商標等を付ける場合、各2社までとする。シャツ/パンツの色および、番号が不明瞭な大きさやデザインのものは認められない。またチーム全員が同じデザインの広告や商標等でなければならない。
その他
チームの代表者は、当該試合開始30分前までに受付を済ませること。
チームの代表者は、注意事項をチーム全員及び応援者にも周知徹底しておくこと。
試合開始時刻までにメンバーが揃わない場合は棄権とみなす。(競技規則に準ずる)
ベンチには選手以外は入ることができない。(競技規則に準ずる)
大会会場への往復移動中ならびに大会期間中に大会会場での負傷については、主催者が加入する傷害保険で対応する。
競技中に発生した障害については主催者で応急処置を行うが、その後の責任は負わないので、当日は健康保険証を持参すること。
次の行為を行ったチームは、主催者の判断により、失格処分となる場合がある。
試合中の危険なプレイ、故意の反則、マナー違反、その他大会運営に支障をきたす行為(競技規則に準ずる)
貴重品は各自で保管・管理すること。
本大会中に撮影された写真・映像・氏名・身長など、印刷物・ホームページへの情報掲載権は、主催者に帰属する。